なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ミニラーメン¥780 麺ホギホギ」@ちばから 郡山店の写真ミニラーメン¥780
先のお好み
麺ホギホギ
のり¥50
味玉(駐車券で無料)通常¥100

後のお好み
野菜マシ
ちょいニンニク
カラメマシマシ
ネギマシマシ

硬めの上の「ホギホギ」はかなり最高!
ちばからの麺は硬ければ硬いほど旨いッッ!
ド乳化スープも麺と相性抜群で野菜とも無論合う!
豚はふわトロで赤身と脂身とのメリハリが有り食べやすい!
ニンニクは個人の好みになってしまうが少しずつ混ぜていけば味のパンチがすぐ分かる(笑)
かなりオススメです!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごっつぉ~セット 1,463円」@喜多方ラーメン 来夢 喜多方本店の写真10/20の13:15頃、喜多方の来夢でした。入店時9割ほど、退店時7割ほどの入りでした。
頼んだのは、ごっつぉ~セット1,463円(消費税増税分値上げ)。
ミニチャーハン、餃子のお味は普通。
以下、半熟煮玉子入り喜多方チャーシューメンのレビューです。
麺は、いつものモチモチした喜多方の麺、なかなか。量は普通。
スープは、いつもの豚骨醬油味、まずまず。
具は、美味しいチャーシュー8、味玉、メンマ、刻みネギ。
今回もなかなか美味しい一杯でした。全体としてもお腹一杯になりました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 31件

「ラーメン670円」@ラーメン山岡家 福島矢野目店の写真2019/10/20

山岡家い行ってきました。お昼過ぎの13:30分でカウンター席はほとんど空いていたが注文から30分程でやっと着丼。店内には太麺のため茹でるのに時間がかかる場合ありますとかいてありましたが、出てきた麺は太麺ではなく中太位の麺。回転が悪いのか良くわからない。隣の席の人も苛立っている様子。

麺はモチモチしてまあまあかな。ただ、スープはしょっぱい、海苔も3枚はいらないかな。チャーシューは厚見があるけどなんかボンヤリとした味。お店を出る時ご馳走さまと言って出るも反応なし。う~んちょっと再訪は難しいかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚煮干しラーメン 細麺」@煮干しらーめん ○五食堂の写真郡山周辺で煮干しといえば、ココか、工藤か、かまやの三択です。

いつ来ても、次は普通の煮干しラーメンにしようと思いつつつい濃厚を選んでしまう。

煮干しをエグ味まで含めて丸ごと味わうラーメン。食べ終わった後は必ず

次回は、普通で…

と思うが止められぬ。何かの中毒性なんでしょうか?

今回しょっぱすぎた気がするけど気のせいかな?次回要検証

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しおタンメン750円 お弁当200円」@秀佳亭の写真山と湖に面したこの通りには白河ラーメンのお店が並んでいます。

お目当の『火風鼎』は暖簾がしまわれやってなさげ。このお店だけが暖簾が出てました。

元3人娘での営業です。

野菜が食べたくタンメンを注文。

メニューを裏返すとラーメンに+200円でお弁当が付くみたいなのでそれを追加します。

16時近いし割と空いてるなと思ったら、後からバラバラと15人くらい一気に来た。こりゃ大変だ。

急遽お弁当を追加したので少し待っての提供です。

スープを飲むとあらおいしい。

野菜からの旨味とそこからのごま油、鶏ガラに調味料など。柔らかい塩気が心地良い。

麺は中ぐらいの太さの柔らかめなモチモチ多加水。手打ちと書いてあるのでそうなのでしょう。

炒めた野菜達はもやし、キャベツ、ニンジン、タマネギ、ニラ。塩胡椒に調味料、ごま油かな。柔らかめで美味しい。

何故かワカメが寄り添ってます。


お弁当なる定食セット。

敷き詰められたご飯の上に甘ウマな豚バラ乗って、

サラスパ、ほうれん草入りの厚焼き卵、レモンの様な爽やかさのタクアン、千切りキャベツなどの家庭的なおかずが入っていました。

途中から1人加わり元4人娘に。明るく楽しそう。

後半、スープを吸ってより柔らかくフニャフニャになった麺の愛おしい事。

ゆっくりと完飲まで。

白河ラーメンのタンメン。ラオタ向きではありませんが、ホッとする味わいで染みました。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン750円」@マルコーラーメンの写真2019.10.19
マルコーラーメンが復活したとか聞き、福島ラー新参者にはよくわからないが閉業前とにかく美味かったらしい。
私が白河ラーメンベスト3内と思っている(実は1位かとも)「やたべ」で親子2代ともに修業したお店。
それに、同じ石川郡内だからと「味楽」から連食しようとしたら車で50分掛かるとナビから教えてもらった。福島県は広い。
途中、西白河郡も通過し到着するとほぼお客が掃けたところのよう。
入り口から客間の通路の横には麺打ち場。あの粉やあの粉などの粉袋が置かれている。

ご主人のお父さんもお元気そうにお仕事をされている。
そんで、私が行ったのは14:10って遅い時間のにかかわらず「鶏がら」が提供。ここまで残っているって、どんだけ鶏ガラ使ってるの??
ラーメンは白河にあって力強いスープを提供する「やたべ」で修業されたお店って、この鶏がらに使われる醤油のキレッキレな味。
これもタレに使っているのだろうか。
スープは鶏。全般鶏のようだけど、チャーシュー煮汁タレを使っているため動物系が合わさった強さがなかなか。
熟成とキレの良いとこ取りのようなこの白河ラースープはなかなかうまい。
麺は太目のボコボコ縮れた麺。白河ラーの普通より熟成期間は少なめな感じはする。
これも力強さを強調した作りなのだろう、白河ラーメンといっても様々だ。

チャーは燻された美味さありの2種。
ワンタンは皮の厚さは極薄ではないが、これも白河ワンタンに慣れすぎた感想なのかもしれませんね。
皮はくっつかず、きれいに一枚一枚箸でつまんでジュロっと頬張れる、この喉越しよ。
アンは鶏ムネミンチかなあと思う。淡白で、この強いスープには合いますね。
鶏がらは骨まで全部しゃぶりつくしました。

白河ラーメンをもっともっと堪能したいと思った。やっぱ、白河ラーメンは美味いわ。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「淡麗醤油チャーシュー 1,050円+半熟味玉 130円」@食堂 はせ川の写真10/19の13:20頃、喜多方のはせ川でした。名簿上外待ち23人目、約27分待って着席。後客は名簿の頁が変わったので数えられませんでしたが、多数。
頼んだのは淡麗醤油チャーシュー1,050円に半熟味玉130円。
麺は、いつものもちもちした麺、美味しいです。量は170gと多め。
スープは、いつもの醤油系の味、美味しいです。
具は、美味しいチャーシュー7、味玉、メンマ、刻みネギ。
今回も素晴らしく美味しい一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 49件

「特製味楽ラーメン850円」@手打ち中華そば 味楽の写真2019.10.19
一見普通の大箱ラーメン店。テーブルも小上がりも広々とした店内に配置されて余裕がある。
「潮」と「醤油」がある。塩は白河ラーでは珍しいのでお店はどっちをお勧めするのかおばあちゃんに聞いてみた。
若い人は潮を好んでます・・あー、私は若くないから醤油ですね(笑)ってお願い。
ワンタンを食べたかったからお聞きしたら、味楽ラーメンにはワンタンも入っているとのことでそれを注文。
何世代ものお方がお店関係者。小学生男児が麺打ち室に入り込んでいるので、麺を打つのかと見ていたらそうではなかった(笑)
ただのかくれんぼ感覚か?

さて、壁に貼られた大きな貼り紙を紹介しましょう。ちなみに、メニュー表は何枚もありますがうんちくが書かれているのは壁の貼り紙のみ。
「<スープのこだわり>厳選された鶏ガラ、豚骨をベースに名古屋コーチン丸鶏をぜいたくに使い丹念に時間をかけて煮出した。
清湯スープに極上の利尻昆布と長崎産煮干し鹿児島県枕崎産、本がつお厚削り、サバ圧削りを煮出した和風スープ、さらに
真の旨みを生かす為本かつお厚削り、サバ厚削りを粉末にして加えてできた奥深い旨みと、さっぱりとした味わいのあるらー麺です。」

おー、スープの件だけで大変だからここまで。
つまりは、白河ラーではあまりない魚介系ということ、それに名古屋コーチンなどという強すぎる鶏を丸鶏で使っているということがわかります。

この一杯、あー鶏厚みを出してますね。東京で食べられる分厚い鶏旨み。
白河のお店にも鶏を強めに出す店がありますが、使い方がまるで違う。白河では鶏厚さを薄めにしつつキレ感を出しているが、こちらは重厚。
それに、多種の魚介を使っているようですが、鶏に取り込まれているよう。
でも、それが多層にとはならないが一枚岩のように硬固な美味さが非常に強い。
醤油味はあまり表には出ずに、どちらかというと出汁を味わうスープ。

麺もうんちく書いてありますが割愛。北海道産小麦の全粒粉。
なんというか、白河ラーには全粒粉はご法度なのでは・・って宇都宮の新しい白河ラーのお店のレビュに書きましたけど、ありましたね。
これが美味いんです。熟成された細縮れ麺で、最初の触感はちょっとビロンとこんにゃく風、噛むと小麦。
これが手切りだというから恐れ入る。ただ、麺の長さがまちまちなため最後は短い端切れのようなものが残ります。

トッピング類がすごい。カイワレとほうれん草が同時に乗っている白河ラーはほかにあるのだろうか。
燻した香ばしさがあるモモチャーシューが2枚。これ、意外に厚みある。それと油気あるバラ。
ワンタンは餃子系のアン。皮はデュルデュル系ではなくて、普通に薄い。
てか、穂先メンマっていうのはやりすぎかとも思ったりするが、この地域でおいしいものを提供したいという気持ちの表れなのだろうと思う。
福島市の和屋とかも食べて思うんですが、このお店の修行先の活力屋のラーメンを食べてみたかった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌つけ麺(並盛) 720円」@麺豪 剣信の写真2019/10/19

仕事でイオン福島店の近くに行ったので、これまで未訪の剣信さんを訪問しました。

まぜそばが人気のお店のようですが、味噌つけ麺を注文。店が空いていたこともあり約5分で着丼です。

麺は冷盛を注文しました。熱盛よりも麺の味が楽しめるので。

麺は並盛で400㌘。十分な量ですが、重厚な麺のため量の割にはすんなりと胃のなかに入っていきます。つけだれは癖のないというか特徴のないものですがとても食べやすいものです。たれの中にはチャーシュー二枚に角切りチャーシューがごろごろ。これは結構うれしい。塩分、甘味が控目であり個人的には良いと思います。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒醤油 830円」@麺屋 信成の写真都内で開かれている大つけ麺博に郡山ブラックで出店(10月21〜23日)するそうなので寄ってみました。

店内に入ると運良く席が空いてました。繁盛してますね。

店主さんと女将さんのツートップでかなり忙しそう。

そんな中、のんきな学生さん?が『オススメは何んですか』と女将さんに質問…

女将さんは『全部』と。

メニューが多過ぎて良く聞かれるワードなのでしょう。そんな感じで返す辺り、相当自信があるのか…忙し過ぎたのか。

でも嫌味のある様な接客ではなくテンポ良く明るいです。

忙しくても提供は順調。

黒いスープは円やかで程良い塩気と甘味と後から僅かな酸味。豚鶏が基本かな。しつこさはなく旨味が重なり深みがあります。

麺は角の丸い口当たり。北海道小麦を使用し低加水で練ったストレート麺との事。コシがあってモッチリとしていてクリーミーで美味しい。

チャーシューは国産豚肩ロースとモモ肉だそう。

どちらも薄くスライスされていてモモは煮豚、肩ロースは低温調理仕上げ。

ネギ、水菜、赤玉ねぎとサッパリ系のトッピング。水菜の青臭さが少し勝るかな。

薄切りの端肉もスープの下の方から出てきます。

丼全体にコショウが柔らかく効いて美味しい。

スープも後半に良い感じの苦味と言うか渋味と言うか…大人の味わい。

気に入って完飲まで。

元気いっぱいで仕切る女将さんと大人しめで一生懸命なご主人。良い雰囲気でした。


レポ書く段になってFacebookを見てみると東北魂TVで放送されるそう。

BSフジ
9月1日(日)終了
10月27日(日)23:00〜23:30

福島テレビ
10月20日(日)16:00〜

豪華なタレントさん達のロケみたい。


ではでは

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件