なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「喜多方ラーメン」@佐久山食堂の写真連食2件目。途中一平さん、駐車場に余裕があり一瞬どうしようかよぎりますが、初志貫徹。時間を置いて開店時間に訪問です。

見た目はこれぞ中華そば。丼や醤油の色合いといい、過去に食べた源来軒さんに似ています。さてどんな味わいだろう?

突出することのないガラ出汁と醤油との絶妙な掛け合いといいましょうか。 
そして遠くに煮干しが使われてる?的な。
無添加とのことですが、バランスが良く雑味のないあっさりな醤油で美味しいスープですね。物足りなさは皆無。長いことこの味で地元民に慕われてきた歴史が伺われます。

麺を持ち上げるとかんすいの独特の風味。
噛むと歯を跳ね返すような弾力があり、おまけに歯にくっつくw こんな麺は初めて。
じきにスープに解け合うように馴染み、かんすい臭も姿を消す美味しい喜多方麺でした。

出汁ガラに使われたと思われるチャーシューは、ダイレクトに醤油が滲みだす一品。
なんか懐かしさ溢れる味わいですよ。

あとは、あると嬉しいナルトに手裂きメンマ。
 
マラソン中継を見ながら落ち着いた時間を経てごちそうさま。
のれんといい、店内の歴史感ある風体といい、余所者のわたしでも近所にこんなラーメン店があるといいな、的な雰囲気あるお店でした。
ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。