なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ショッテリ(脂多め)750円」@麺や 玄の写真みなさんこんにちは 小生 原チャ○と申す新参者だ。

【変化球】

*店
郊外から市内中心部に移転して久しいコチラ『麺や玄』さんへ初訪問してみた。
地元だけに留まらず稲荷町(訪問済)や千葉県佐倉市(分店)にも進出している人気店だ。
早朝の混雑が落ち着いた頃の訪問だったのか、行列はなく店内もほぼ5割の客入りだった。
単独訪問のためカウンターに座り、あらかじめ決めていた表記を「脂多め」でお願いしてみた。

*丼
目を背けないでください。
一面を背脂が覆うスープにチャーシュー、メンマ、刻み玉ねぎ、薬味ネギが載って到着だ。

*スープ
背脂と一緒にいただく事となる一口目はその甘みとコクがアゴ出汁のスープに加わる、動物系の出汁感は穏やかであり主役は背脂とアゴである。燕三条の麺や玄的解釈とでも言えば良いだろうか、レンゲがなかなか止まらないと同時にライスが欲しくなる類である。おまけに湯気は出ないものの、背脂の蓋によりアツアツが持続するのも特徴的だ。おそらくは背脂なしでいただけば、かなりあっさりしたスープだろう。

*麺
喜多方ではおなじみの多加水の中太麺はモチグミとした噛み応えでしっかりとしたコシを備える。
粉の風味は背脂のリフティングによりマスクされるが、咀嚼をすればしっかりとそれ自体が主張する。

*具材
バラ巻きチャーシューはトロホロまで煮込まれており、肉質、調味ともに上々の出来、稲荷町を訪問済みの都民の方々には信じられないかもしれないが、極上のバラチャーシューだった。
メンマは柔らかく仕上げてあり、刻み玉ねぎは背脂との相性が抜群だった。

*総評
朝からいただく事に罪悪感を覚える一杯だったが、非常に美味しくいただけた。
北関東アブラー隊の証である「脂多め」はマストなのだよ、諸君。

ごちそうさまなわけだが

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。